自社管理・自社施工 リロンライフパートナーズ

ケーススタディ

TOP > ケーススタディ > 資産価値が低下したビルを高付加価値物件へと再生

資産価値が低下したビルを高付加価値物件へと再生

バリュープロデュース実績

1.課題

東京都港区浜松町のテナントビル物件。幹線道路に面した恵まれた立地条件にありながら、旧耐震基準で建てられていたため、資産価値が著しく低下していました。
リロンライフパートナーズにてコンサルティングをお引き受けしました。

2.RELONGの戦略

現地調査の結果、再生可能である判断し、買収。
旧耐震基準のビルディングであったため建て替えを選択しました。

3.実行項目

●土地建物の買収
●テナント、入居者との折衝、安全な退去
●建物の安全な取り壊し
●高付加価値物件として再生するためのプランニング立案
●再生事業のパートナー企業の選定・審査
●バリュープロデュースの方向性を確認

4.効果

●資産価値の最大化

img03